開発業務

業務システム構築に必要な要件

対象業務について理解の深い担当者が、生産性の高い開発ツールと開発方法論に基づいて構築することが、
納期・構築費用・品質に最も良い効果を発揮すると考えます。
そのために弊社ではお客さまとの打ち合わせにおいて、お客さまの業務分析を徹底致します。

納品までの流れ

  1. 業務分析工程
    下記を明確にするためにお客様担当者と打ち合わせを行います。
    • A.システム構築の目的、範囲、目標・・・製作する概要が決まってきます。
      提出資料(成果物):A.システム機能要件定義書
    • B.現在の業務の仕組み・・・画面の遷移や省力化をはかる部分を浮き彫りにします。
      提出資料(成果物):B.業務フロー
    • C.取り扱うデータ・・・システムの大きさや、複雑さなどが見えてきます。
      提出資料(成果物):C.データ構造図
    • 提出資料(成果物):D.構築費用概算見積書
  2. システム設計
    • オブジェクト設計
      システムに必要な機能とデータの構成要素を分類整理しコンポーネント(部品)として定義します。
    • データベース設計
      システムが永続的に管理すべきデータを抽出し、データベースの構造を定義します。
    • 処理機能設計
      各コンポーネントの処理機能を定義します。
    • 画面・帳表設計
      システム利用者が使用する、画面や帳表のデザインや使用方法を定義します。
  3. 業務システムの構築とテスト
    • コンポーネント(部品)の作成
      システムの構成要素となるコンポーネントを作成します。
    • アプリケーション・モジュールの作成
      作成済みのコンポーネントを組み合わせて、業務に必要な処理を組み立てます。
      各コンポーネントは、いろんな業務処理で再利用出来ます。
      アプリケーションモジュール単位で、問題が無くなるまでテストを行います。
    • テストの実施
      一連のアプリケーションモジュールが完成したら、実際の業務運用を想定した結合テストを行います。
      実際の処理にかかる時間をチェックし、実稼働に対して問題が無くなるまでテストを行います。

以上の作業が完了後に正式に納品となります。納品後の業務やサポートは下記を御覧ください。

  1. システム運用
    お客先サイトに弊社スタッフが常駐し、システムの運用を行います。
  2. システム保守
    お客先のご要望を満たす様々な形態の保守をご用意しております。

ページのトップへ